何故、店舗は住所を出さないのか?:元スタッフが送る交際クラブの実態と真実について激白!本当は恐ろしい業界事情を総特集サイト『交際クラブの真実』

利用者の視点だけでは絶対に分からない、業界の裏事情や噂を真正面から一刀両断。実は…というような内部事情に迫る普段なら表に出てこないような特別な情報を随時発信致します。

準備中

準備中

何故、店舗は住所を出さないのか?

交際クラブの特徴の1つに、店舗の住所を出さないことがあります。
普通に考えると、重要情報をサイトなどに表示していないことはありえません。
ここには2つの理由が存在しています。


①掲載したくないのでワザと表示していない。
②条例に則ったルールを上手く利用している。

以上のことが考えられますが、かなり難しい部分もあるので解説していきます。


まず、本来ビジネスをする上で企業の住所が記載されていないことは全うではありません。


交際クラブという業態は、クレームなどが起こりやすい為、
利用者に事務所に怒鳴り込みに来られないように、住所を記載していないのです。


会員からすると非常にナンセンスでありえない状況です。
しかし、交際クラブを利用していること事態が公序良俗に反するようなグレーな行いである為、
利用者側からしても、実際が掴みづらい状況は好まれるケースもあります。


つまり、利用者はバレる危険性が低いメリットもあるが、
万が一、何かしらのトラブルが発生しても、泣き寝入りせざるを得ないリスクもあるということです。


紹介で出会う男女はお互いに相手の素性を知ることはできません。
ですので、犯罪的なことが発生した場合、訴えることが難しくなります。
そういった状況で、すがりつきたくなるのは交際クラブ店舗に対してでしょう。


交際クラブ側からすると、会員同士のやり取りは範疇ではありません。
そこに警察等が関わり揉め事となることは好ましくありません。
ですので、そもそも問い合わせ先を電話・メール等に限定してしまい、
店舗所在地自体に直接来るといった状況を避けているといえるのです。


そもそも、もしも個人情報を開示して欲しいだけの事情があったとしても、
協力をせざるを得ない刑事事件的なことでない限り、何も開示はできないのです。
これは、店舗側が開示する努力義務があるわけでも何でもなく、地域の条例などのルールに則っています。
完全に泣き寝入りとなる状況が容易に想像できるため、住所が出ていないことは都合がいいのです。
また、会員同士の自演でのゆすりたかりなども考えられる為でもあるでしょう。


次に、条例ルールに則っているからという理由には事情があります。


前述している通り、もしも住所などが出てしまっていると店舗へ直接問い合わせることができます。
そこでもっとも気をつけなければならないのは、会員同士の鉢合わせです。


面接等含め、男女会員の出会いは店舗側の紹介意外の要因では存在してはいけません。
ですので、特定の住所が存在すると会員同士がすれ違う状況も出てくるのです。


店舗側としては会員が交際クラブを利用しているということを他者に知られることは避けなければなりません。
違法というわけではありませんが、ここに関しては訴えられた場合には店舗は負けてしまうでしょう。


以上のようなことから、鉢合わせが起きない環境を事前に準備しなければならないのです。
そうなると本来は、女性面談用と営業活動用の2つの事務所がなければならないのです。


しかしながら、アダルトでグレーな業界ですので、公に2つの事務所を借りることは難しいです。
本来は1つの事務所であっても、交際クラブということでオープンに借りることはできないでしょう。


つまり、そもそも嘘をついて『普通の企業として事務所を借りている』だけなのです。
それを、交際クラブということは伏せて女性面談用事務所として使っているところが大半です。


ここまでの事情を汲み取ってもらえば分かりますが、
・事務所を公に借りること自体が困難。
・一般企業としては事務所を構えられる。
・就職面談のように誤魔化して女性面談用として事務所を用意している。
・男性面談用の事務所はほとんど存在しない。そもそも設けていない。
・男性面談用事務所=届出書および営業用として公開できる住所にならない。


ということなのです。


様々な事情が交錯してしまうことも分からなくもないですが、
そもそも、公表する必要がある住所が、まともに利用できる状態でないことは言うまでもありません。


ですので実際は、届出書に記載されているところに事務所はなく、バーチャルオフィスがほとんどです。
会社としている事務所で女性面接が行われていることがほとんどとなります。


ですので、女性会員が面談をした事務所の住所を覚えていない限り、
交際クラブの実態に迫ることはできないのです。


このようなことから、住所を記載出来ないのです。


根本的には、お金をかけてしっかりとした男女別の問い合わせ事務所を設けるべきですが、
リスクと状況が合わさり、曖昧なままが都合が良く、それでいて問題がない環境となってしまっているのです。


本来は公安が交際クラブの実態の有無を確認して管理すべきですが、
そうでないことが、法や条例の抜け穴となっているのです。