パパ活の意味とは?:元スタッフが送る交際クラブの実態と真実について激白!本当は恐ろしい業界事情を総特集サイト『交際クラブの真実』

利用者の視点だけでは絶対に分からない、業界の裏事情や噂を真正面から一刀両断。実は…というような内部事情に迫る普段なら表に出てこないような特別な情報を随時発信致します。

準備中

準備中

パパ活の意味とは?

『パパ活』という言葉は交際クラブが発祥といって間違いありませんが、
現在では多方面でその言葉が使われている状況となってきました。


しかし、単に『パパ活』という言葉がが世の中に受け入れられたということではないでしょう。
知っている人が多かったとしても、本当にその言葉の意味を語れる人は少ないことでしょう。


分かっていれば、交際クラブのライトユーザー向けな言葉であると即答できそうですが、
残念ながら『パパ活』という言葉は今では誤解をされている言葉となってきています。


おそらく、多くの女性は2種類の解釈をしていることでしょう。


“交際クラブで身体の関係なしに交際をするもの”
“結局は身体の関係ありきになる援助交際のようなもの”


大別するとこれら2種類の意味に取られていることでしょう。


これだけ有名となった背景にはキャッチーな言葉と曖昧さが好まれたことは言うまでもありません。


多くの交際クラブや出会い系サイトでは、
『ウチではグレーな意味合いはない』『結局、援助交際路線』とそれぞれ仕様用途が違うはずです。


つまり、どのような業界であっても、結果として言えることは、
“出会う男女間の自由な恋愛の中でのやりとり”でしかないのです。


もちろん、昔から「パトロン」といった言葉が存在しているように、
様々な面で支援をしてもらうということは悪いことではありません。


ですが、何をもって支援することとするのかパパ活と呼ぶのかは方向性が違ってきます。


これまで、様々な業種では愛人やパパといった存在は当たり前のように存在しているものでした。
それらとは違い、昨今の端的な関係から継続的に交際を続けたいという、
また違った側面の人付き合いの流れが結果となって現れて来ているのでしょう。


セフレなども形が違うだけで、人と人との付き合いの中で求めるものが違うだけです。
こういった流れがお金ありきになってしまうことは自然な流れではないでしょうか。


ただし、もともと交際クラブで使われ始めた言葉と言う部分が最も誤解される部分で、
交際クラブでのやり取り=パパ活という誤認が生じてしまったことは残念でしょう。


おそらくはいくつかの交際クラブが言葉だけを利用して身体の関係ありきな男女の出会いを案内したことで、
明確に金銭支援のみの援助交際というパパ活が破綻してしまう結果となったはずです。


そうなれば、『パパ活』という言葉を使いたがる業界も増えないはずはありません。
ですので、今では出会い系サイトなど多くの機会で使われているのです。


「パパ活とは?」「パパ活ってなに?」
と気になっていた人も少しだけ理解していただけたでしょうか。


間違っても昔からあるお金と身体の関係が大前提のものではないです!
絶対に間違った覚え方をしないようにしてもらえたら嬉しいです。