業界はウェブ対策に必死:元スタッフが送る交際クラブの実態と真実について激白!本当は恐ろしい業界事情を総特集サイト『交際クラブの真実』

利用者の視点だけでは絶対に分からない、業界の裏事情や噂を真正面から一刀両断。実は…というような内部事情に迫る普段なら表に出てこないような特別な情報を随時発信致します。

準備中

準備中

業界はウェブ対策に必死

交際クラブ業界は不遇といわざるを得ない状況があります。
それは集客手段が殆ど存在しないということでしょう。


つまり、ウェブサイトを立ち上げているしか手段がなく、
広告を掲載するようなサイトなどが皆無であるということなのです。


一般的に、風俗の業界などでは広告を掲できるランキング情報サイトなどが多数存在しており、
全国どちらの地域でももれなく利用することが可能です。


しかし、交際クラブとなると店舗サイトと同様にいくつかのほぼ無名の情報サイトしか存在していないのです。
一般的に風俗ランキング情報サイト(ポータル)は、様々な検索ワードでアクセスを増やしている為、
風俗の中でもジャンルごとにアクセスを獲得することができます。
ソープランをを利用しようと考えていた人がデリヘルを使うといった利用者の動きも存在しています。
ですので、ランキング情報サイトに広告を掲載しているだけでも意味があり、自然とアクセス数が流れてきます。


交際クラブも一部含むサイトは存在していますが、世間一般に認知している人も少なく、
なかなか『交際クラブ』という言葉そのもの自体を知ってもらうこと自体も難しいのです。


そうなると、いかに現状のウェブ検索内でお客さんを獲得できるかという部分に運命が全てかかってきます。
そうです。ウェブ検索結果の順位を上げないことには男性も女性も会員は増えないのです。
既に交際クラブ業界を利用したことがある経験者を取り込むことができなければ、
個々の店舗ごとの成長性はなく、3年も持たずに潰れていってしまうのです。


ですので、同業界としては本来は窓口となる業界を広めてくれるだけの力があるポータルサイトが必要でですが、
現状では、そのような情報を発信してくれるサイトは存在しておりません。
今後、将来的に同業界をより広く一般に認知させる為には、ポータルサイトの存在は欠かせないものとなるでしょう。


より公平性の高く透明性の高い、情報操作などがされないような、
信頼性の高い安心して誰にでも見てもらえうようなサイトがなければ、
業界の成長も期待できないのではないでしょうか。