元スタッフが送る交際クラブの実態と真実について激白!本当は恐ろしい業界事情を総特集サイト『交際クラブの真実』

利用者の視点だけでは絶対に分からない、業界の裏事情や噂を真正面から一刀両断。実は…というような内部事情に迫る普段なら表に出てこないような特別な情報を随時発信致します。

当サイトについて

『交際クラブの真実』では、交際クラブを既にご存知の方々にご閲覧を頂いていると思います。
つまり、少なからず交際クラブ業界についての表面上のことはある程度理解されているでしょう。
しかし、実際に利用するだけであれば異性と出会えるだけの紹介サービスくらいしか理解はできないでしょう。
男女利用者の視点では、業界に概ね疑念を抱くような部分もなく利用できているでしょう。
怪しさの拭いきれないこの業界では、皆さんの想像通り、隠したいようなことも沢山あるのです。
そういった内部事情を詳しく解説しながら、経緯や理屈も踏まえて解説してまいります。

今、伝えたいこと

『怪しい』『健全に利用できるのか』そんな疑問は尽きないはずです。
正直に言ってしまうと、危なっかしい業界であることは隠しきれません。
もちろん、法令遵守の範囲内でしっかりと運営されている交際クラブが殆どです。
ですが、会員となるまでにはいくつかのグレーな行為に自然と足を踏み入れてしまうことも事実です。
オープンにビジネスとして展開できない業界故の、様々な常識的ルールが存在しているのです。

デートクラブ業界の今後

2010年以降の交際クラブ業界は、目まぐるしい変化がありました。
まず、同業界では宣伝・集客をすることが運営上の至上命題です。
しかしながら、『利用者の紹介』『ウェブサイト』『一部の紙媒体』以外での宣伝活動はできません。
これらは、デートクラブ条例に則ったものとなり風営法に準じた決まりとなっています。
すると各交際クラブ店舗は、集客の95%以上を占めるウェブサイトでの宣伝広告に力を入れ始めました。
ITという言葉が流行り始めた時代に、世間よりも少し遅れたタイミングです。
スマートフォンの普及も追い風となり、これまでよりも多くの機会で集客を増やしていったことでしょう。
多くの機会や場面での露出も増え、事件的なニュース以外でもテレビやメディアに取り上げられ始めます。
各交際クラブ店舗は、デザイン面を重視した魅力あるウェブサイトを作り、アクセスを集めることとなります。
昨今では、価格面の違いを打ち出す傾向が強く、今までとは違う利用者層を獲得する動きや、
首都圏東京都23区エリア近郊にとどまらず、日本全国のエリアで営業を展開する店舗を増えてきています。
好景気に沸くと予想される2020年のオリンピックまでが、業界の頑張り時という状況になりつつあります。